ホステスとして働く女性の年齢層

高級クラブではホステスとして働く女性の年齢層は、20代後半から30代前半が多くなっています。

もちろん20代前半の若いホステスも在籍していますが、来店されるお客様の年齢が40~60代とキャバクラ寄りも比較的高めで、「落ち着いた雰囲気のホステスが良い」とおっしゃる方が多いため、自然にホステスの年齢層が上がってしまいます。

 
一般的なキャバクラの場合は20代前半~20代半ばの若い女性がかなり多いですし、ガールズバーともなれば高校を卒業したばかりの若い女の子も働いています。

これは、来店されるお客様のニーズからキャバクラやガールズバーで働く女の子の年齢が若いと言えます。

キャバクラやガールズバーへ来店するお客様の年齢層が平均的に低いからです。

これらナイトワークと比較すると高級クラブのホステスは確かに年齢層が高いと言えそうです。

キャストの年齢層が高い理由

ではどうして高級クラブのホステスの年齢層が高いのでしょうか?理由は以下のようになります。

・お客様が、ホステスに落ち着きや教養、知性、また大人の妖艶さを求めるため
・来店されるお客様の年齢が約40~60代と高めであるため
・若さよりも質の高いサービスを求めるお客様が多いため(もちろん若いホステスが大好きなお客様もいます)

ホステスの年齢層が高いのは「顧客からのニーズ」による理由が大きいのですが、30代ともなれば接客マナーや巧みな話術、広い人脈、細かい気遣いなど新人ホステスにはない実力を備えたベテランホステスも多数いらっしゃいます。

キャリアを積めばママから信頼され、係のホステスとして、またチーママとして大事にしてもらえる可能性もアップします。

もちろん、キャリアを積むことで一流のホステスへのステップアップとしてもよい経験になるでしょう。

ホステスが引退する平均年齢

高級クラブのホステスは、キャバ嬢やガールズバーの女性バーテンダーよりも長く働ける傾向がありますが、やはり引退の時期は来ます。

30歳前後から結婚や独立、転職などで引退するホステスが増え始め、35~40歳になるとほとんどのホステスが引退してしまうのが現実です。
引退後はスナックや小料理店をオープンさせて、お店のママや女将になるケースが多いようです。

中にはエステサロンやネイルサロンなど美容系のお店を経営する元ホステスもいるそうですよ。

確かにナイトワークや飲食業、美容関係の仕事はホステスにも馴染みやすい業種ですね。

引退後も輝けるようにホステス時代からキャリアプランを考える

夜の世界で輝き続けるのもよいですし、他にやりたいことが見つかれば方向転換するのもよいでしょう。

ただ、そのためには事前に自分のキャリアプランを考えておくとよいでしょう。

事前の計画なしに急に新しいことを始めることはなかなか難しいものです。

現役ホステスとして活躍するタイミングから、計画をしておくこともよいでしょう。