ホステスが行う「アフター」とは?

ホステスはお店が終わるとそのまま帰宅できるとイメージしている方も多いと思いますが、実は閉店後もお客様とのお付き合いをするケースがあります。
閉店後にお客様と個人的に会って、お酒を飲んだり食事をするなどお付き合いすることを「アフター」と呼びますが、今回はこのアフターについて詳しく解説していきましょう。

ホステスにとってはアフターをするメリットはほぼない

まず結論から先にいうと「ホステスにとってアフターをするメリットはほぼありません」。
唯一アフターがホステスにとってメリットがあるとするならば、「アフターにお付き合いしたお客様が、次回来店してくださる可能性がある」「特定の顧客と親睦が深められる」程度。
ホステスにとって閉店後にお客様と個人的にお付き合い(店外デート)するのは労力がかかるだけで、あまり大きなメリットには繋がりません。
むしろこのアフター、お客様にとって大きなメリットがあります。
お客様が受けるアフターの恩恵は以下の通りです。

・気に入ったホステスを店外で一定時間独占できる
・ホステスを独占できるのに、高級クラブのように高い料金はかからない
・お店では話せなかったプライベートな話もできる

高級クラブの中にはママの方針で「あのお客様は太客だから、積極的にアフターして」と、ホステスにアフターを推奨しているお店もあるようですが、一部のお店に限られます。
またアフターは残業代の一切出ない時間外労働になりますので、お店がホステスに強要することは少ないです。

アフターをするデメリット

閉店後にお客様と店外で個人的に会うアフターですが、デメリットの方が多い状況です。
そのデメリットをまとめていますので、どうぞご覧ください。

体力と気を遣う

ホステスとしてお店でお客様を接待するだけでも気力と体力を削がれてしまうのに、閉店後にさらにお客様の接待をするのはさらに気力と体力を消耗してしまいます。
またアフターではよく飲食店を使うため、真夜中過ぎてもさらにお酒を飲んだり食事をするのは当たり前。
体調が悪くなることも珍しくありません。
もちろんアフター中もお客様との会話は続いていますので、気遣いも大事です。
アフターだからといって何でもかんでも言いたい放題、やりたい放題は通用せず、お店の延長線上と考えた方が良いでしょう。
体力・気力・気遣いが必要なアフターですが、時給は1円も発生しないのでアフターを嫌がるホステスは実際多いです。

帰宅時間が遅くなる

お店の閉店時間が午前1時とすると、私の場合、何もなければ帰宅時間は午前2時前後になります。
ところが無給の時間外労働(アフター)が発生すると、帰宅時間が午前4~5時前後まで遅れてしまいます。アフターが1時間程度で終わればいいのですが、場が盛り上がったりお客様が帰宅を渋るとあっという間に2時間・3時間経過してしまうこともあります。
お客様とすれば、飲食店代さえ負担すればそれ以外の費用はかかりませんので、「できるだけ長くホステスとお喋りしたい」と考えるのは当然かもしれませんね。ただお客様とお付き合いすると帰宅時間が遅くなりますので、結局ホステスの睡眠時間やプライベートな時間が削られて、負担は全てホステスが負うことになるのです。
またアフターにお店側は一切関知しませんので、帰宅時にお店がわざわざ車を出して送ってくれることは絶対にありません。
タクシーを呼んで自力で帰宅しなければならないのです。
タクシー代を出してくださるお客様がほとんどですが、中には「楽しかったよ、じゃあね」と自分だけ用意した車で帰ってしまう方もいます。
ママが同席していればママがタクシー代を出してくれますが、誰も居ないとタクシー代は自腹になってしまいますね。
時給ゼロ・プライベートな時間カット・タクシー代自腹になると「アフターなんて嫌だ!」と感じても仕方ありません。

何らかの性的な被害に遭う可能性がある

前項で「お店側はアフターには一切関知しない」と書きましたが、アフター中に無理やりホテルに連れ込まれそうになる、個室カラオケ店でセクハラされるなどのトラブルが起きてもお店は一切守ってくれません。
お店側がアフターを強要しない理由は「アフター中に起きたトラブルに、お店が関係したくないから」という本音があるのだと感じます。
私は性的な被害に遭ったことはありませんが、時々「〇〇さんとのアフター中に胸を触られて無理やりキスされた」「〇〇というホステスが顧客の車の中で服を脱がされそうになった」などの噂は聞きます。
そのため以下のようなことには気を付けています。

・お客様と2人きりの場所に行かない(個室カラオケや車の中など)
・露出の激しい服は避ける
・思わせぶりな態度を取らない/時間が来たらハッキリ「帰ります」と言う
・お客様と1対1のアフターは避ける/アフターに他のホステスを誘う

【まとめ】

アフターはホステスにとってメリットの少ない営業活動ですが、「このお客様とは親密になっておきたい」と思ったら(太客になってくれそうなら)ホステス側から積極的にお誘いすることがあります。
お客様から見るとアフターはかなり魅力的なので、上手に利用すれば売れっ子ホステスへの足掛かりになることも。
ただし「アフターには時給が出ない/帰宅時間が遅くなる/性的な被害に遭う可能性がある」などリスクも伴いますので、十分に気を付けること。
とくにお客様と2人きりになるシチュエーションは危険です。
アフターもビジネスと割り切り、時間がきたら「帰宅時間なので帰ります」とハッキリお断りするなどしてプライベートと一緒にしないようにすることです。