ホステスは未経験者でもなれないことはない

ナイトワーク専門のネット求人サイトでは、キャバクラやガールズバーだけではなく高級クラブのホステス募集を見かけます。
「未経験者歓迎」と書かれた求人募集も少なくないのですが、高級クラブとなるとやはり大変。
ナイトワーク未経験者の場合、高級クラブに採用してもらおうと思うとそう簡単ではありません。
未経験者が高級クラブのホステスとして採用されるケースでは、女の子が一流大学卒や良家の子女など身元が確かで高い知性をもっていること。
また芸能人の卵や駆け出しのモデルなど芸能関係の仕事をしており抜群のルックスを誇ることなど、やや特殊な条件をクリアする必要があります。
新人ホステスは注目される存在ですが、だからと言ってそれだけではダメです。
新入りホステスを見てお客様が「何て綺麗な女性なのだろう。
是非とも一緒にお酒が飲みたい!」と思わせるくらい、外見に魅力がなければ採用は難しいのです。
逆に言えば女優やモデル並みのルックス、良家の子女、一流大学出身などハイレベルな条件をクリアできる女性であれば、例えナイトワーク初心者でも高級クラブに採用される可能性はあります。
ただ採用される確率は非常に低いので、「高級クラブに採用されて当然」と思うとガッカリするかもしれません。

未経験でも採用される人の特徴

高級クラブで働いていると、新人ホステスが月に数人程度のペースで入店してきます。話を聞くと「以前は新宿のキャバクラで働いていました」とか「他の高級クラブでホステスをしていました」と引き抜きやキャリアアップのために移店される方もいますが、「ナイトワーク初心者です」と言うホステスもいます。
新人ホステスを観察すると、やはりある傾向が見えてくるんですね。
その傾向を詳しくご説明しますので、以下の項目をお読みください。

見た目より若く見える人

新人ホステスでもナイトワーク未経験の女性に共通する特徴は「若く見える」ことです。
実際の年齢を聞くと「22歳です」とか「20歳です」と若い女性もいるのですが、中には20代後半とこの業界では「中堅の域に入りそう」な年齢の新人ホステスもいらっしゃいます。
けれどアラサーホステスも見た目は20代前半でも十分通用しそうなほど若いのです。
メイクや髪型、服装などで若々しさをアピールしているのもその理由なのですが、やはり普段から肌やネイル、髪の毛の手入れに気を遣っているように見えます。
見た目よりも若く見える女性は、自分にある程度の時間とお金を掛けてじっくりと「自分磨き」をされているようですよ。
ある程度自己投資できる女性でなければ、高級クラブのホステスとして胸を張って凛と佇むことはできないのですね。

容姿端麗

高級クラブの面接で重視されるのが「女性のルックス」です。
贅肉でお腹や太もも、お尻が垂れてしまっている女性は「だらしない」と感じられるだけではなく、見た目もかなり老けた印象になります。
当然ですが規格外体形の女性が面接に来ても、まずまともな面接はしてもらえません。
ホステスは見た目が重視されるので、まずは人並み以上のルックスでなければ取り合ってもらえないのが実状なのです。
「ではどんな女性なら採用されるの?」と疑問に感じられる方は、高級クラブのHPをチェックしてみてください。
所属するホステスの写真を掲載しているお店もあります。
ほとんどのホステスが女優やモデルのようなルックスなのは間違いありません。
ホステスの写真を見て「私なら合格できる」と自信がもてるようなら、面接に挑戦してみるのも良いですね。

高学歴

高級クラブに足を運ぶお客様は、有名企業の重役や文化人、政財界関係者、医師、弁護士など社会的に高い地位にある方ばかりです。
そのような方は大きな口を開けて「ガハハ!」と笑うような品のない女性や、知性の欠片もないおバカな女性を好みません。
知能の高いお客様、聡明なお客様も多いですし専門的な世界で生きているお客様も多数いらっしゃいますから、接客するホステスにもある程度の学歴や知性は要求されます。
経済の話になったときに「日経平均や円高、円安ってなんですか?EUの意味が分かりません。株ってどこにあるのですか?」など、一般常識を疑うような会話しかできない女性ではお客様も興醒めです。
もちろん全てのお客様が難しい話を好むわけではありませんが、政治や経済の話しを振られたときに最低限受け答えできるだけの知識は必要ですね。
高学歴でない女性はせめて、毎日新聞を読んで社会や政治、経済の動きを勉強できなければこの仕事は続けられません。

どうしても働きたい人はキャバクラなどで実績を積んでから働いてみるのがおすすめ

いかがでしたでしょうか?ナイトワーク未経験の女性が高級クラブで働くには高いハードルがあります。
そのためどうしても高級クラブで働きたいなら、一度キャバクラやラウンジなどでナイトワークを経験し、一定数のお客様を確保した上で高級クラブにステップアップ(移籍)する方法がお薦めです。
この方法でしたらある程度年齢を重ねても採用には有利です。
「私は顧客を呼び込めます。お店の売り上げをアップできます」と言えるホステスは、お店側から見ても大きな魅力になります。
特に人手不足などで未経験女性を一から教育できない高級クラブでは、実務経験のあるホステスは優先的に採用したいもの。
どうしても高級クラブで働きたい、でもなかなか採用されない方は、キャバクラやラウンジなどで実務経験を積むのも良いですね。